2019年3月20日水曜日

海が春っぽくなってきました!


明日から大潮になります。
春の大潮は、普段見えない海の中の形状が出てきて面白いです。


沢山の海の幸も取れます。
気候変動も激しいのですが、海の中の生き物たちも一生懸命生きようとしています。


春一番の海の幸はワカメです。
武丸さんも、今日からワカメの加工で大忙しです。
もうすぐ美味しい海の恵みがいただけます!

2019年3月17日日曜日

3月のビーチクリーンと久留和の海

みなさま、こんにちは。
本日は月に1度のビーチクリーンでございました。

今日は気持ちの良い快晴。

今回もたくさんの方にご参加いただきました。

ここ最近吹いていた強い南西の風に乗って、
いつもよりもたくさんのゴミが流れついていました。

ゴミ拾いものんびりでOK。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
次回のビーチクリーンは4/21(日)です。
またのご参加をお待ちしております!

そして・・・

春の訪れを感じる久留和の海を少しだけ。

今日のレッスンはシーカヤックの
ステップアップクラス。 



とても気持ちの良い1日でした。



2019年3月10日日曜日

日本セーフティカヌーイング協会3日間の研修は大阪会場


長野県でBCスキーツアーが終了し、その足で大阪、難波へ!
「一粒300M」食べてガンバロー!


難波から歩いて大阪城へ。
大阪城で働いている、スキーでお邪魔していたサンデープラニングの元スタッフと会い。


そして難波に戻り、グランド花月で吉本新喜劇を見て大笑い!!


それからまた歩いて、通天閣へ。


そして難波に戻り、本当の目的の、JSCA総会会場に向かう前に腹ごしらえにタコ焼き。
ざ・大阪コテコテ観光でした。


年に一回、全国からJSCA公認校代表者会議は早川顧問弁護士の講義から始まり、保険についてなど普段聞けないお話は、いつもためになります。


3日間、頭をフル回転させ、来年度に向けスタートです!

2019年3月9日土曜日

バックカントリースキー


年にいちどのバックカントリースキー
一滴 Paddle &Mountain GuideのN氏によるBCSKI研修
サンデープラニングのスタッフ Jさんと


細心の注意を払い、雪崩の後を乗り越え


谷を越え


雪の状態のチェックも入念に


ジャイアントコーンがいっぱい入ったナッツ&ドライフルーツを口いっぱいにほおばりながら、コースどりを考えるN氏


登って登っていくと


こんなに広いところを滑れます。
ゲレンデを滑るのと気持ちよさがちょっと違います。


雪山の人たちと一緒に行く、年1オヤジは、やれやれ、フー、でした。


次の日は快晴!登山届も出し、妙高のゴンドラを降りてから、山に入ります。


この中で食べるカップヌードルが一番おいしいです!
NHK 朝ドラのまんぺいさん、素晴らしい食べ物を作ってくれてありがとう。


山の中はガイドと一緒に行きましょう。
安全第一に!


BCスキー初心者には、申し分ないコースです。


まさかの40年ぶりのスキー!
若い時にしっかりやっていたものは、体が覚えているもんですね。
ビックリしました!


夜はローカルご用達、オシャレな居酒屋で美味しい食事をいただき、
最後の日はゲレンデも滑り、信州の美味しいお蕎麦を堪能した冬の遊びでした。
(黒姫山と野尻湖を望む)


2019年2月24日日曜日

早春の観梅とおそばを楽しむトレッキング


菜の花畑のお母さんに頼まれました。


「このお花畑をSNSに載せて」
「今年の春でもう見納めだから」
「1か月前に亡くなった85歳の久留和のおじいちゃんが作ったお花ってね」


地図に無い里山の道を歩いて、秋谷の海の道から、葉山をひと山越えて。
道をふさいでいる大木を足でどかそうとしても動くわけもなく。


民家のあるところまで降りると、梅の花が満開。


何回梅の花を咲かせたのか、梅の古木は春には主役です。


道端に目をやると、フキノトウも春を演じています。


こんなのあったっけ?
昨年の12月に建てた看板でした。


何気なく来ていたけど、看板を読むと「おー」という感じです。
三浦半島の田んぼは少なくなりました。


畑の番人は、今も昔も頑張っています。


「和か菜」でお昼。
細いけれど腰があってのど越しバツグン!
ごま油のいい香りと、あっさりとした衣。素材が引き立って、んー美味い!

2019年2月22日金曜日

バリ SUPサーフトリップ


バリはこの季節、雨季だというのに連日いい天気!
今日も朝からスランガンまでボートで向かいます。


なかなか普段では味わえない波でバグース!です。


今日は1ラウンドで終了して、お昼寝の後はウルワツまでドライブです。


犬と猿


30年以上前、ウルワツがジャングルだったころ、芹さんのポーターをやっていたサリーと再会!(そのころの面影はお互い有ったのか?無いのか?)
そうでなくても、嬉しさひとしお、です。



器用なもんです。
サリーのお店で少し買い物をして、みんなにミサンガをプレゼントしてくれました。


フレッシュなジュースを可愛く飲みながら、日の傾いた海を眺める往年の若者。


SUPサーフィン最終日。
1ラウンド目のスランガンから戻ってきてお昼休み中。


のんびりクブモアナでシエスタビンバンブーン。


2歳を過ぎたラムーと5か月のヴィゴー。


午後はベビーリーフでリラックスサーフィン。


この波でも50~100mは行けます。


SUPサーフィンの練習にとても良い場所です。


バリでも有名なイタリアンレストラン「マッシモ」で「このワインはいかが」に「5本」?
それは、ヤバイでしょ!


最終日
門をくぐって、風通しのいい中庭でいただくお昼ご飯。

くれぐれも、スープの下に敷いてあるリングのようなものは取らないでください。
ココナッツのお椀は、球体!


ここのお店、名前を忘れていまってごめんなさい。
これからバリの紹介本には載ってくるでしょう!
女性受け間違いなしです。
オーナーは丸眼鏡のお父さん。芸術家です。



バリ最後の食事はシンドゥー市場で。


まだ食べていなかった、ちょー美味い、鳥そばでフィニッシュ!
また、良い波に乗りに行きましょう!